さりげない親切から恋愛は始まる

私は今の奥さんとつきあう前に、何人かの人とつきあったことはありました。しかし、何もかもなんとなく普通でした。それで、何年かすると自然な感じで別れてしまいました。

今の奥さんと会ったのはたまたま出かけた、登山バスの中でした。このツアーは家電製品を買ったためにもらえる懸賞だったのです。私は何気なく一人で参加しました。また彼女も一人で参加していました。登山前のバスの中では近くにいたみず知らずのおばちゃんと3人でいろいろと話をして、食べ物を分け合ったりして盛り上がっていました。

いざ、登山を始めると別々に行動をしました。そのときは、お互いに意識することはなかったのでそうしたのだと思います。その後、頂上に着きました。頂上で休んでいると彼女をたまたま見つけることができました。少し疲れているようでした。それで、どうしたのかと聞いてみたところ、荷物を多く持ってきたので背中と腰と足が痛いと言っていました。そこで私はなにげなく、荷物を少し持ってあげようかといいました。最初はとても遠慮していたのですが、何度も私が言うもので少しの荷物を私に預けました。

そのときの控えめな態度をみて私は彼女に引かれました。何となく、性格がいい子だなあと直感的に思いました。下山の時は話の流れでそのまま一緒に行動しました。そうすると自然に親近感が芽生えてきました。この時点で心が傾いてしまっていたのかもしれません。

帰りのバスの中では再び、おばちゃんと3人で話をして盛り上がりました。また、食べ物を分け合って一緒に過ごしました。バスを降りる時間が自然に近づいてきました。

私はこのとき、彼女とはもう少し話を続けたいと思っていました。そこで、何かしなければならないと思いました。メモを渡そうと思いました。しかし、おばちゃんがいましたからどうすればいいか考えました。そこで、持っていた名刺に、よかったらTELしてくださいと書いて、素早く渡しました。

その後、下山してから1週間後に電話がかかってきました。それから交際は順調に進み、最終的には結婚することになりました。あのとき、何気なくだったけど小さな親切から恋愛が始まったのだなあと今つくづく思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *