職場の部下との恋愛

その彼女との出会いは社内恋愛でした。
当時は飲食店の店長として働いていました。
その時にバイトで入ってきたのが後に彼女になる女性です。

最初の彼女の印象はとても可愛くて頑張りやさんだなという印象です。
元々僕は優しい一面から接していくようにしていますので、彼女もわりと早めに僕に慣れてくれました。
仕事は楽ではないですが、彼女は頑張ってくれていて、一目おくような存在になっていくのです。

しかし仕事は仕事です。
そんな彼女でも失敗やミスに対してはそれなりに厳しく接しましたし、慣れてきて気持ちが緩くなったときには叱ることもありました。
時には泣いてしまうこともありました。
さすがに僕も泣いてしまったときは心に痛みがありましたが、一責任者として悪いことはしてないと感じておりまして。

そんな厳しくも優しくも、堂々としていたことが良かったのか、彼女は少しずつ僕に近づいてくるようになりました。
思わせ振りなことを言ってきたり、シフトが終わりの時間でも、タイムカード切ってから仕事を続けていたり。
結局最後までいたりと。
そうなると僕も彼女の気持ちにも気づくわけで。

しかし最初は上司として、安易に彼女と付き合ってしまうのはどうなのかと考えていました。
仕事に影響がでないかと心配にはなりました。
それでも僕もずっと距離をおくわけにもいかず、時には一緒に遊びにいくこともよくありました。
それはそれで楽しかったし、そんな日が続いていくと、僕も上司とか部下とか考えすぎなのかなと思うようになり。

その頃、彼女の母親がよくお店に飲みに来てくれたりしまして。
僕もそのお陰で彼女の母親とも仲良くなりました。
それがキッカケというわけでもありませんが、完全に彼女への気持ちが露に出しても良いだろうという考えになり、彼女と付き合うことになったのです。

今思えば本当に、なぜあんなに付き合うことを考えていたのかと不思議になります。
もっと楽に考えていても良かったのですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *